2013年09月13日

千葉県君津市 スズキ鍛冶屋

めずらしく君津市街方向に行く機会があったので、かねてより所在を突き止めていたスズキ鍛冶屋さんを訪問してみました。

スズキ鍛冶店
各種鍬の造りおき

スズキ鍛冶店
千葉県内各地の形、および砂地〜粘土用が用意されています。

スズキ鍛冶店
ケースの中には、小型の「首鉈」(中央の下向きの2本)が。「竹割り」と呼ばれてるのも聞いたことがありますが、千葉県の独自型です。

スズキ鍛冶店
その他色々。

国道127号線、外箕輪歩道橋を山側方面に入ってすぐです。アクセスもいいのでチャンスのある方は覗いて見られてはいかがでしょうか。





posted by 槌音 at 00:13| Comment(2) | 鍛冶屋情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
君津のスズキ鍛冶屋さんに世田谷で実演していただくことになりました。山芋掘り用の鍬の鍛造です。お時間がありましたらお出かけください。午前午後と一日かけての火造りです。7月20日(日)10時〜 例年3月実施なのですが、その時期はお忙しいらしく、夏の暑い時期となってしまいました。小田急線成城学園前駅下車、徒歩20分 「世田谷区立次太夫掘公園民家園」鍛冶展示小屋にて。
Posted by M at 2014年06月15日 23:25
M様、情報ありがとうございました。
都合がつけばぜひ伺いたいと思います。

山芋堀は、スズキ鍛冶屋さんの店頭には柄の付け方の違う2種(ひとつはシャベルのように穴に木柄をいれる・もうひとつはコミを木柄に差し込んであって桂止め)があったはずです。

千葉県内では山芋堀は基本形はほぼ同じなんですが、地域によって柄の付け方、柄の材質が違うように感じます。焼きは先端数センチ程に入れてあるかと記憶しています。

スズキ鍛冶屋さんは房総のむらでも、指導されている方で、
現在いろいろ手がけておられますが、本来は鎌が主体だった鍛冶屋さんだそうです。そのためか、鎌の刃裏は凸凹が全くなく綺麗です。

2014.4の記事のように、最近行動範囲での鍛冶屋さんの活動縮小が著しく、更新頻度が落ち気味ではありますが、今後もよろしくお願いします。
Posted by 管理人です at 2014年06月16日 16:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。