2018年05月09日

下北沢大学2018春MOTTAINAIてづくり市に出品します。

5月12、13日、下北沢駅北口駅前、しもきたスクエアで行われます、下北沢大学2018春MOTTAINAIてづくり市に前記事の委託先ショップがブースを出されますので、ご一緒させていただくことになりました。

当日はブログ管理人も店番をしております。

千葉県伝統工芸士・北島和男さん製作の鋏の試し切りもしていますので、お近くの方よければお越しください。お待ちしております。

イベント概要ページ
https://www.aozorakoten.com/products/detail.php?product_id=1515


追記:切り出し小刀、包丁等、市の趣旨にあわない物は展示いたしませんが、持ってはおりますので、お気軽にお声をおかけください。
posted by 槌音 at 22:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

北島和男さんの人形鋏・突きノミ・実店舗で委託販売開始してみます

前記事よりちょっと時間経過してしまいましたが、告知どおり千葉県松戸市・千葉県伝統工芸士、北島和男さんの人形鋏・突きノミを販売いたします。
R_IMG_5474.JPG
場所は下北沢駅北口より1〜2分の隠れ家的なお店、「リフルシャッフル」さんです。

------------------------------------------------------
東京都世田谷区代田6−1−18 103
「リフルシャッフル」    火曜定休、不定休あり、営業状態はツイッターでRiffleShuffle_Rでご覧になれます。
http://lifulu.shop-pro.jp/
------------------------------------------------------

とても可愛らしいお店ですが、気楽にお入りください。

北島さんは世田谷区次大夫堀公園民家園の鍛冶屋に、ゲストとして行かれた事がお有りですので、その時ご覧になったり会われた方もいらっしゃると思います。実際の製作物を見るチャンスです。もちろん、展示という意味合いも強いのでご覧になるだけで大歓迎です。

https://kinounoashiato.goat.me/8CaCHUlH
「人形鋏の火造り」
製作風景は別館をご覧ください。人形鋏とありますが、薄い布地、薄い紙など非常によく切れるので手芸鋏としても最適です。

絹の髪の毛を切るための繊細で薄い刃先、2枚の刃の描く微妙なカーブによるすり合わせ、職人技をご堪能できるかと思います。もちろん刃先は軟鉄とハガネの鍛接です。
R_IMG_5477.JPG
今後、原料の軟鉄、ハガネが、入手難(物はあるのですが、たとえば軟鉄ですと、製鉄会社への発注最少ロットが5tになるので、刃物・鍛冶職人が少なくなった関東一円では、皆で買うとしてもあまりにも多すぎる。だから実質購入できないで原料が枯渇する。集合的産地はどうやら回せているのでしょうか。)なので、人形鋏もこれから幾らでも製造できるわけではありません。
そのような事情も踏まえて、今消えようとしている職人技を感じていただければと思います。

もちろん、購入された場合の研ぎなどのメンテは、北島さんが持って来れば幾らという事はいわずにやってくれるとのことです。

同時に、突きノミも委託します。


突きノミというと、大工さんの用いるものを思い浮かべる方が多いでしょうが、こちらは、昔テーラーがボタンホールの穴を開けるのに使っていたものです。
R_IMG_5648_2.JPG

R_IMG_5650.JPG
手芸用メーカーが市販しているボタンホールノミもありますが、こちらは尖っていはいますが刃物とは言えない質です。テーラーの突きノミは軟らかい軟鉄に固いハガネをサンドイッチした構造の割り込みで、しっかりした刃物のために切れ味が非常によいです。試し切りは木を削っててしているほどです。

こちらも、テーラーという職業の方自体が激減した現在、ほぼ忘れ去られた道具となっております。今回6mm巾と9mm巾のものを製作いただきました。こちらもぜひ手にとってご覧いただければと思います。アイデア次第でいろいろな用途があるかと思います。


以上、期間は5月7日から一カ月(6月6日まで)の展示予定です。ご不明な点はメッセージただければお答えいたします。よろしくお願いいたします。

posted by 槌音 at 21:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

千葉県松戸市・北島和男さんの人形鋏

以前、総火造りの裁ち鋏を作っていただき購入した千葉県松戸市の北島和男さんですが、裁ち鋏以外にもいろいろお作りになっています。

そのうちのひとつが、人形鋏。
R_IMG_5474.JPG

人形鋏とは、日本人形のヘアカットに使われる鋏で、浅草橋の有名人形店の職人から、このような形の鋏は出来ないかと、秋葉原にあった研綱という刃物店に持ち込まれたのがその原型です。
R_IMG_5477.JPG
非常に薄く出来ています。でも刃先は地金とハガネの鍛接です。

当初は研綱と関係があった、東鋏の「他の職人の鋏より高価だった」といわれる「与三郎」の手で造られましたが、廃業により、以後は長年北島さんがこの形の鋏を作り続けてきました。
R_IMG_5479.JPG

先日でしたが火造り工程の部分を拝見してきました。そのレポートはこのブログの別館のほうに上げさせていただきます。
https://kinounoashiato.goat.me/8CaCHUlH
「人形鋏の火造り」

研綱も、2年ほど前に廃業し、今はカレー屋になってしまっております。棟方志功も通っていたと言う名店がネット社会に全く取り上げられることなくまた一つ減ったのは残念です。

ということで、今回一つの試みをさせていただきます。
このような道具が衆目に触れることなく消えていくのが残念でならないのと、人形鋏はドールウィッグや、その他普通に手芸にも厚物でなければ使えますので、手芸などお好きな方が集まりそうなお店に、一ヶ月間展示して、もちろん欲しい方にはその場でお売りしようと思います。

場所は
東京都世田谷区代田6−1−18 103
「リフルシャッフル」
http://lifulu.shop-pro.jp/


こちらの店内のボックスに、この人形鋏と「突きノミ」(大工の突きノミではありません。テーラーがボタンホールの穴を開けるのに使ったノミで、今は安価な洋裁用の数百円のが出回り絶滅)を置かせていただきます。

開始日時等、決まり次第こちらのブログで告知しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

posted by 槌音 at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。